知っておきたい個人事業主の節税対策

個人事業主を目指すあなたへ!抑えておきたい節税ポイント

個人事業主になるための開業手続き

これから自分で会社を立ち上げたい、フリーランスになって自由に活躍したい、とご自身の仕事の独立を考えている方は必見です。
個人事業主になる、フリーランスになることに大きな魅力を感じる方は多いと思います。ですが、そのためには様々なスキルや一個人としての高い能力、人脈などが必要になってきます。今までは会社が背負ってくれていた責任も、これからは全て自分自身で背負わなければいけません。決して楽しいことばかりではありませんが、自分の実績がダイレクトに自分に返ってくるという点では、やはり仕事へのやりがいは倍以上に感じるでしょうし、モチベーションアップへも繋がるのでしょう。
ですが、いくら事業に関する面だけが完璧でも、見落としてはいけないことがあります。それが税金関連です。もし、これまでサラリーマンなどで会社に雇われた経験がある方であればお分かりかとは思いますが、給与を得る時点で様々な税金が発生しています。今までは会社の方で給与から天引きして自動的に税金を支払ってもらう形になっていましたが、独立するとなると自分自身で税金も管理しなければいけませんし、自分自身で納めなければいけないという手間が発生します。どんな税金があるか分からないし面倒だ、と感じる方も多いと思います。ですが、税金関連を怠ってしまうと脱税の疑いを科せられたりと、事業に差し支える結果になってしまうのです。
まずは個人事業主に必要な税金にはどんな種類があるのかを勉強した上で、納付方法や節税対策についても勉強していきましょう。