外壁塗装

お家をリフォームする際の一つのものとして外壁塗装があります。
この外壁塗装に一般的に使用する塗料として、アクリル樹脂、アクリルウレタン系、アクリルシリコン樹脂系、フッ素樹脂系などのものがありそれぞれによって耐久性も変わってきます。
外壁の塗り替えリフォームのタイミングはおおよそ、アクリル樹脂系で7年から8年、フッ素樹脂系で15年から20年となっています。木や鉄の部分に関しては5年程度で、サイディングのシーリングに関しては5年から10年の間を目安にし、メンテナンスを行なって行きましょう。
しかし、この劣化のスピードは建物の箇所の置かれている環境によって大きく左右されます。紫外線や雨や風などの影響によって、劣化の進行の早さが場所によって変わるのです。
その劣化のタイミングに合わせて、外壁の塗替えのタイミングを計ることが重要と言えます。
劣化のサインを見極めるのは大変難しく、素人目からはとてもわかりづらくなっています。
見極めるのが困難な場合は、一度専門家にみてもらうことでその目安を計りましょう。

キッチンや浴室のリフォームをする際にも、外壁の塗装を行なったほうが良い場合があります。
換気扇や、窓の場所を移動したりすれば、その場所の補修作業が必要になってきます。この他にも雨戸をシャッターへと作り変えたり、間取りを変更したりする場合などこのような室内のリフォームであっても外壁が関係してくる工事の作業が多くあるのです。
このようなリフォームの度に外壁を補修していては無駄にお金がかかってしまい、仕上がりも雑なものになってしまうこともあると言えます。
室内のリフォームであっても外壁に関係するものならば、外壁の塗装リフォームのタイミングに合わせることで二度手間のような無駄を防ぎ、より効率良く外壁を美しく魅せるポイントだと言えます。
このように,リフォームは計画次第で、損をしてしまうこともあるし、反対に得をする場合もあるのです。リフォームをする際にはタイミングを考え、計画をしっかり立てて行なっていきましょう。

ピックアップ

外壁の塗装

建物にとって外壁のもっとも表面となる部分の塗膜は、建物自体を保護している薄い殻のような存在です。外壁塗装を定期的に行なうことでその効果を持続させる必要があると言えます。

» readmore

外壁塗装の重要性

外壁塗装を怠っているとその内部に水が侵入したりして、建物の腐食が始まってしまいます。建物が腐食してしまうと、更に腐食に対する補修費用がかかってしまい、損をしてしまいます。

» readmore

タイミングの目安

外壁塗装を行なう目安として、外壁に触ってみてチョークのような白い粉が手に付く状態なら早めに塗装リフォームを行なったほうが良いでしょう。このような現象のことをチョーキングと言います。

» readmore