個人事業主を目指すあなたへ!抑えておきたい節税ポイント

独立したいなら知っておきたい税金のこと

まずは開業届を提出しよう

一番初めに必要なことは、開業届の提出です。個人事業を始めるに当たって、事業を開始する一ヶ月以内に管轄の税務署へ提出することが法律で定められています。管轄する税務署とは、開業する事務所等の住所によって区分けされていますので、税務署のホームページ等で調べればすぐ自分の管轄が確認できると思います。
開業届を提出することは所得税法に関わる法律で定められており、提出しなかったことで罰則等が発生するということは今のところありません。しかし、きちんと届け出をすることで確定申告時に青色申告書を使えるようになり、所得税控除を受ける対象となるというメリットがあります。何よりもまずは正式に自営業者として開業するための第一歩となる手続きです。手続きをすることで正々堂々と事業を始めることができます。

その他に必要な書類

開業するにあたって必ず必要な書類は、基本的には先程の開業届のみです。正式には「個人事業の開業、廃業等届出書」という書類名になります。ですが、先程説明した所得税控除のために、一緒に提出すべき書類があります。「青色申告承認請求書」という書類です。こちらは税務署で特に義務付けられている書類ではありませんが、所得税控除を受けるためには必須の書類です。漏らさずに提出することをおすすめします。
所得税は最大で65万円の控除を受けることができます。そのことを知らずに開業届のみを提出してしまうと控除を受けることができずに損をしてしまいます。「青色申告承認請求書」は大切な書類になりますので、忘れずに提出するようにしましょう。開業届と一緒に提出するのが一般的ですが、事業開始から2カ月以内に提出すれば問題はありません。